#モレスキン マンスリー絵日記 4月バージョン完成

「2016年 4月始まり マンスリーダイアリー (日本語版)|ハードカバー Large ブラック」を使った、マンスリー絵日記。4月分が完成しました。ペンはフリクション0.5のブルーブラック。

art_monthlyApr2016

マンスリー絵日記は1日1絵のひとこま日記なので、日記はじめたいなーという方にオススメの方法です。

(絵と文:ハヤテノコウジ)

カウモールで見る

グルメイラスト いい香りのバナナをオレンズでスケッチ #モレスキン #オレンズ

ハヤテノコウジはぺんてるさんのTwitterアカウントをフォローしています。ぺんてるさんが販売している超極細シャープペンシル「オレンズ」で描いたイラストがTLに流れてきました。線がやさしく描かれたイラストは雰囲気がすばらしく、私もやってみようかなと思っていました。土曜日の昼下がり、お腹空いたのでキッチンにバナナを取りに行ったらいい感じに熟していて良い色合いになっていたので、これをオレンズでスケッチしてみることに。

うおーいい感じ。いつもマーカーで描いているので線が目立っていますが、これなら色が引き立つのですね〜!カランダッシュの水彩色鉛筆を水筆でならしながら描いたバナナ。目の前に置いて甘い香りを楽しみながらスケッチした最高の午後となりました。

art_banana_20160430

オリジナル作品集を作っています。:
ハヤテノ日常画帳
ハヤテノ日常画帳2
ハヤテノ日常画帳3

(絵と文:ハヤテノコウジ)

ZINE「ハヤテノ日常画帳」3種類を揃えた方への特典

数年前、イラストを描いて封筒にいれて、友人に送ることにはまった時期がありました。手紙を添えて。デジタルでSNSな社会ではありますが、手書きの文字で行う近況報告はとても温かい気持ちになりました。買った封筒、自分で作った封筒がたくさんあります。ポストカード用の用紙がたくさんあります。ということで、ハヤテノ日常画帳3種類すべてをご購入された方には、「私の原画が時々届きますよ」特典を付けています。さっそく、コンプリートした皆様に原画を送ったところ、喜んでいただきました。

ポストカード

気が向いたときに送ります。というゆるい特典ではありますが、これまた気が向いた時に描いた原画があるし、これからも描いていきます。ファンの方は、ハヤテノコウジの原画を突然受け取るサプライズになり、私は手紙欲を満たすことができる。みんなハッピーな特典だと思います。できる範囲でやっていくため、突然終了になるかもしれませんが、しばらくはやってみます。

「ハヤテノ日常画帳1」は残り少なくなって参りました。ぜひお早めにチャレンジしていただけると嬉しいです。

もちろん、各ZINE1冊〜でも大歓迎でございます。

ハヤテノ日常画帳はこちら。
ハヤテノ日常画帳
ハヤテノ日常画帳2
ハヤテノ日常画帳3

(絵と文:ハヤテノコウジ)

グルメイラスト 鎌倉で食べる「おいしい丸」たち #モレスキン

毎週末は鎌倉で過ごしたい、そんな気分のハヤテノコウジです。最近はお気に入りのお店をめぐって鎌倉グルメを楽しむのが定番になっています。まずはフロレスタでドーナツ買って、それからHOA CAFEでドーナツと珈琲を買って、それから在木材海岸でドーナツほおばって(トンビに怯えながら)、小町通のいろんなお店で食べ歩きをして、BLUE ROOMでクラフトビア味わって、最後にカフェエチカでデザートでしめる。そんな様子をモレスキンに描きました。GWも行くだろうな〜!

モレスキンアート 鎌倉で楽しむ「おいしい丸」たち

オリジナル作品集を作っています。:
ハヤテノ日常画帳
ハヤテノ日常画帳2
ハヤテノ日常画帳3

(絵と文:ハヤテノコウジ)

グルメイラスト(フレームを使った描画方法) #モレスキン

フレームを使った描画方法「フレーミングスケッチ」の実践編、今年になって食べたグルメのスケッチです。下絵から色を塗って行くプロセスをご紹介します。
この下絵はモレスキンのスケッチブック(ラージサイズ)見開きに、2時間かけて制作しました。1ヶ月前に描いておいたフレームの中には、美味しかったフードやお気に入りフードを配置。着彩にも2時間程度かかった感じです。

さて、どんな風に色を塗っていくのでしょうか。
グルメイラスト_フレーミングスケッチ_下絵

続きを読む グルメイラスト(フレームを使った描画方法) #モレスキン

社員旅行ノート、としてのモレスキン

デザイン文具を扱うオンラインショップ「Kaumall Brand & Design」に提供している、ハヤテノコウジのモレスキンアートをご紹介します。今回は「社員旅行ノート」としてのモレスキン活用です。社員旅行や研修合宿、オフサイトミーティングなどなど、会社の人たちと旅をする、という機会がありますね。広報部や総務部、あるいは人事部が記録写真を撮影して社内ネットや社内報で紹介するかもしれません。これをモレスキンで作る旅ノートで代替してみたら、素敵だと思う!ということで見本を描いてみました。

社員旅行の思い出深いシーンをイメージしたのがこちら。
社員旅行ノート、としてのモレスキン

ハヤテノコウジが考案し、便利で楽しいスケッチ手法として提唱している「フレーミングスケッチ」を使った事例でもあります。同形のフレームでパターン化して、参加者が選んだトピックスを選んでみましょう。

作品提供:
モレスキンで創る、ハヤテノコウジの世界(Kaumall Brand & Design)

オリジナル作品集を作っています。:
ハヤテノ日常画帳
ハヤテノ日常画帳2
ハヤテノ日常画帳3

友達へのウェディングノート、としてのモレスキン

デザイン文具を扱うオンラインショップ「Kaumall Brand & Design」に提供している、ハヤテノコウジのモレスキンアートをご紹介します。今回は「友達へのウェディングノート」としてのモレスキン活用です。結婚式や結婚パーティーに参加すると、素敵なシーンがたっぷりありますね。写真撮影はプロに任せて、後日ゆっくりと名シーンを絵にしていく。そして同席した人たちのコメントも書いてもらう。そんなモレスキンが完成したら、新婚旅行から帰ってきたタイミングで新郎新婦に渡す、なんていうのはかっこいいんじゃないか、ということで見本を描いてみました。

結婚する2人、というのをイメージしたのがこちら。
友達へのウェディングノート、としてのモレスキン

ハヤテノコウジが考案し、便利で楽しいスケッチ手法として提唱している「フレーミングスケッチ」を使った事例でもあります。先に型紙をつくっておいて、それを元にフレーミングしていきます。吹き出しフレームは便利です。

作品提供:
モレスキンで創る、ハヤテノコウジの世界(Kaumall Brand & Design)

オリジナル作品集を作っています。:
ハヤテノ日常画帳
ハヤテノ日常画帳2
ハヤテノ日常画帳3