【絵日記アイデア】縦書き文字で「エッセイスト気分」

ボクはラクガキやスケッチ、スケッチジャーナルなど絵を中心に遊んでいる毎日です。実は絵を書くようになる前は、エッセイや紀行文、詩を書いていました。今でもコラムニストやエッセイストには憧れがあって、自分でもその可能性を探って頑張っているところです。

ボクはスケッチジャーナルを使って「エッセイストごっこ」をやっています。雑誌の連載のつもりで書いています。

デイリーダイアリー:海の話

やり方は簡単!縦組みで文章を書くだけです。こちらはモレスキンのデイリーダイアリーのポケットサイズで、自由な使い方をしている1冊になります。どうでしょうか?エッセイスト気分になりませんか?

こんな感じでボクは挿絵と文字を自分で書いて、エッセイストごっこをして楽しんでいます。簡単なのでオススメです!

(写真・文・絵:ハヤテノコウジ)

旅の手描き地図作成にオススメ。「マイルドライナー(マイルドグレー)」

先日紹介した「トラベラーズノートブックリフィル(SHORT TRIP)で作るスケッチジャーナル」の記事で、地図を作ったページがありました。

こちらの補足をしたいと思います。

続きを読む 旅の手描き地図作成にオススメ。「マイルドライナー(マイルドグレー)」

鎌倉散歩をスケッチする。キャンバスは「TRAVELER’S notebook REFILL FOR A SHORT TRIP」

前回の記事「鎌倉散歩のネタを貼る。キャンバスは『TRAVELER’S notebook REFILL FOR A SHORT TRIP』」のつづきです。

「TRAVELER’S notebook REFILL FOR A SHORT TRIP」は、通常リフィルの2分の1のボリューム(32ページ)です。こちらに鎌倉散歩のスケッチジャーナル(旅日記)を作りました。スケッチと手書き文字で構成したスケッチジャーナルをどうぞご覧んください。

続きを読む 鎌倉散歩をスケッチする。キャンバスは「TRAVELER’S notebook REFILL FOR A SHORT TRIP」

鎌倉散歩のネタを貼る。キャンバスは「TRAVELER’S notebook REFILL FOR A SHORT TRIP」

前回の記事「日帰り旅の記録にちょうど良い!『TRAVELER’S notebook REFILL FOR A SHORT TRIP』」のつづきです。

「TRAVELER’S notebook REFILL FOR A SHORT TRIP」は、通常リフィルの2分の1のボリューム(32ページ)です。こちらに鎌倉散歩のスケッチジャーナル(旅日記)を作りました。いくつかの表現方法についてご紹介しますね。薄いからショートトリップの思い出を収納するのにちょうど良い、を実感しました。

続きを読む 鎌倉散歩のネタを貼る。キャンバスは「TRAVELER’S notebook REFILL FOR A SHORT TRIP」

日帰り旅の記録にちょうど良い!「TRAVELER’S notebook REFILL FOR A SHORT TRIP」

楽しかった旅の思い出を、ノートにまとめる。この作業は旅を再生してくれるようで、ワクワクした気分になります。

思い出の一冊を見た友達が、その旅行先に行くきっかけになるかもしれません。1週間程度の旅だった場合、ノート1冊でも足りない量の素材が集まります。

でも日帰り旅行や半日程度の散策の場合は、ネタの量に限りがあるので、ノートが余ってしまうことはありませんか?

ページを全て埋めたくなる気持ちを応援してくれる商品が、トラベラーズノートのリフィルシリーズから出ています。

東京駅の「トラベラーズファクトリー ステーション」で見つけました。試してましたので、ご紹介しますね。

続きを読む 日帰り旅の記録にちょうど良い!「TRAVELER’S notebook REFILL FOR A SHORT TRIP」

〜文房具で絵を描こう〜紫陽花を「サラサクリップ0.5 ミルクパープル」で描く #サラサ

サラサクリップ0.5 ミルクパープル
サラサクリップ0.5 ミルクパープルで描いた紫陽花のイメージスケッチ。キャンバスはトラベラーズノートの軽量紙です。

サラサクリップ0.5 ミルクパープル

サラサクリップ
http://www.zebra.co.jp/pro/sarasa-clip/

国立新美術館「建築見学ツアー」レポート

2017年6月29日(木)に開催された「国立新美術館(建築ツアー)」に参加しました。このイベントはモレスキンが開催協力しています。

どのような建築形式でできているのか、その目的と仕組みはどうなっているかを、わかりやすいガイドで学ぶことができました。

バックヤードを見学したり美術館の特製モレスキンをいただいたりと、参加者が興奮するサプライズがありました。

見学で学んだことを、共有したいと思います。

続きを読む 国立新美術館「建築見学ツアー」レポート