【イラスト自習小話】ジス・イズシリーズ、の絵がかわいくてかわいくて。

すべて独学で見よう見まねでやってきた私。
絵の描き方、考え方をどうやって学んだのだろうか、とふと思って、振り返ってみるシリーズ!

気にいった絵や、絵本を見つけたら、じっくりと読んでみる。まねすることができなくても、その世界観は目から脳へと入り、こころに刻まれるような気がします。図書館で、「ジス・イズ・ロンドン」「ジス・イズ・ニューヨーク」という絵本を見つけて、町並みの描き方とか、世界の街の様子とか、ワクワクしながら読みました。いい意味での抽象化ってどのようにすればいいのか、そんなことを学べた感じでした。そして、この外国の街を紹介する内容に、世界の誰もがわかる表現で、抽象的に、デフォルメしてものごとを表現する難しさと素晴らしさを知りました。さあ自分でもこんな本を描いてみたいぞ!と熱い気持ちが芽生えてきた、たしか4年くらい前の春でした。

ジス・イズ・ロンドン[改訂版] (P‐Vine BOOKs)
ジス・イズ・ロンドン[改訂版] (P‐Vine BOOKs)

ジス・イズ・ニューヨーク
ジス・イズ・ニューヨーク

ジス・イズ・ローマ ジス・イズ・ローマ
ミロスラフ サセック 松浦 弥太郎

ジス・イズ・ヴェニス ジス・イズ・ミュンヘン ジス・イズ・ギリシャ ジス・イズ・ユナイテッドネイションズ(国連) ジス・イズ・ロンドン[改訂版] (P‐Vine BOOKs)
by G-Tools