ノートに額縁を描いてギャラリーに。モレスキンアート-デンマークの思い出編

モレスキンアート:デンマークの思い出編(額縁バージョン)

モレスキンアート:デンマークの思い出編(額縁バージョン)

私はノートにフレームや額縁を先に描いておいて、あとからそこにイメージを挿入していく、ということをよくやります。これは、デンマークの首都コペンハーゲンにある国立美術館で、天井の高い展示スペースの壁一面に絵がかけられており、そこで得た(浴びた、に近いかも)強烈なインスピレーションが私の創作意欲に多大なる影響を与えたものです。それ以来、私の絵にはページの中が窓なのか枠なのか、見た人によって印象が変わる雰囲気を持つようになりました。たぶんこういう手法は独特すぎて誰もやっていないような気がします。真っ白いページに、何を書いたらいいかわからないという場合には、四角や丸、なんでもいいので図形だけ先に描いて、そこに絵を配置していくというのをオススメしています。北欧を何度か訪れるたびに、いろいろな影響を受けています。他には青色の使い方や、ライトの灯りの色合いなど。これらのテーマについては、また別の機会に書いてみたいと思います。

上の絵は、デンマーク滞在中の思い出を、ひとつひとつの額縁の中に納めてみた数年前の作品です。

デンマーク旅行記を閉じ込めた、オリジナルZINEを販売中です。北欧の雰囲気に触れたい、旅行の参考にしたい方、ぜひ☆
http://sync-ideas.net/zine