【イラスト自習小話】「どこから描き始めるか」で決まるスケッチとドローイング

howtosketch

すべて独学で見よう見まねでやってきた私。
絵の描き方、考え方をどうやって学んだのだろうか、とふと思って、振り返ってみるシリーズ!

【イラスト自習小話】色彩が気になっていく過程の続きです。スケッチ方法をどうやって学んだか、というお話です。

続きを読む 【イラスト自習小話】「どこから描き始めるか」で決まるスケッチとドローイング

【イラスト自習小話】色彩が気になっていく過程

color-image_001

すべて独学で見よう見まねでやってきた私。
絵の描き方、考え方をどうやって学んだのだろうか、とふと思って、振り返ってみるシリーズ!

【イラスト自習小話】ガイドをレイアウトに使う「グリッド」の続きです。

レイアウトを勉強したあとは、色彩について基礎を知ろうと思いました。

続きを読む 【イラスト自習小話】色彩が気になっていく過程

【イラスト自習小話】ガイドをレイアウトに使う「グリッド」

grid_001

すべて独学で見よう見まねでやってきた私。
絵の描き方、考え方をどうやって学んだのだろうか、とふと思って、振り返ってみるシリーズ!

【イラスト自習小話】描けるようになるために学んだこと。「レイアウト」の続きです。

「グリッド」という、初めて聞いた言葉について、本を読みました。

続きを読む 【イラスト自習小話】ガイドをレイアウトに使う「グリッド」

【イラスト自習小話】描けるようになるために学んだこと。「レイアウト」

layout

すべて独学で見よう見まねでやってきた私。
絵の描き方、考え方をどうやって学んだのだろうか、とふと思って、振り返ってみるシリーズ!

をやってみたいと思います。最初に興味を持ったのはレイアウトでした。

続きを読む 【イラスト自習小話】描けるようになるために学んだこと。「レイアウト」

フレーム活用:お気に入りのカットをモレスキンにコラージュする

モレスキンのスケッチブックにコラージュ。先に消しゴムはんこでフレームを作り、その枠のサイズにスクラップをトリミングしていくのが楽しい。
モレスキンのスケッチブックにコラージュ。先に消しゴムはんこでフレームを作り、その枠のサイズにスクラップをトリミングしていくのが楽しい。

私はモレスキンのスケッチブックを買うと、まずやることがあります。それは、フレームをどんどん描く事、消しゴムはんこでフレームを作る事など、枠をページに配置していく作業をやります。これは、後日、思い出を切り取って記録するときに、あらかじめつくっておいたフレームからその時に最適なものを選ぶ、というプロセスにつなげるための一工夫となっています。スクラップがたまってきたので、モレスキンにカットしてコラージュしようと思い、作成済のフレームをチェックしました。1年くらい前に作ったフレームが良さそうだったので、10ページくらい一気に作りました。

モレスキンのスケッチブックにコラージュ。先にスタビロマーカーでフレームを作り、そこにスクラップからカットを選んでトリミングし、張り込んで行く。お皿はズームインの結果、図柄だけになってしまったが、それもまたよい。
モレスキンのスケッチブックにコラージュ。先にスタビロマーカーでフレームを作り、そこにスクラップからカットを選んでトリミングし、張り込んで行く。お皿はズームインの結果、図柄だけになってしまったが、それもまたよい。

トリミングは魔法のような作業だと思います。カットするのがもったいないかな、と思っても、貼付ける先のスペースは限られている。だからカットする。すると、また違う雰囲気のイメージがスクラップから放出されてくるような感じになります。この土日は朝から晩まで、ずっとコラージュをしていました。これはドローイングするのとはまた違う面白さがありますね。たまったスクラップが整理されていく清々しさや、余っていたペーパーを付け足して行くワクワク感などを存分に満喫できた週末でした。

コラージュってどこに貼ろうかな、と悩んでしまいますが、先にフレームをおいておけば、そこに貼付けるだけなので楽々です。モレスキンが自分だけのミニギャラリーみたいにもなります。これはスクラップだけじゃなくて、自分で撮影した旅の写真とかフード写真でもいいかもしれないですね。楽しいアクティビティをまた発見してしまいました。あなたもぜひ。

(文・写真:ハヤテノコウジ)

オリジナルZINE、発売中です!

ONE FRAME DRAWING JOURNAL

ONE FRAME DRAWING JOURNAL
ハヤテノコウジのオリジナルZINE
B6サイズ、10ページ、100コマの1コマ絵日記掲載。
詳しくはZINEのページで。

モレスキナリー5周年おめでとうございます!

IMG_7827

モレスキンファンサイト「モレスキナリー」が2月16日に5周年を迎えたそうです。

私のモレスキンが、最初にモレスキナリーで紹介されたのは2010年2月でした。その後、いろいろな作品やイベントについてご紹介いただき、友人がたくさんできたり、モレスキン書籍やテレビ、雑誌などに取材されたり、いろいろな楽しいことが起きています。モレスキナリーに紹介されたおかげです。管理人のYOKOさんのモレスキン本に掲載いただいたおかげです。ありがとうございます!

モレスキンのいいところは、インターナショナルなこと。世界中で買えること、世界中にユーザーがいること。そしてモレスキンファンは、自分のライフスタイルと向き合い、運命のターニングポイントをモレスキンとともに歩んでいること。モレスキンから発信する情報がたっぷりあること、モレスキンが時代に合わせていろいろなチャレンジをし、ユーザー(モレスキナー)に提案してくれること。ファンサイトがしっかりしていること。そしてEvernoteとのコラボのように、デジタル社会でもアナログの強さを証明してくれていること。などなど、語り尽くせないところです。

私も、モレスキンを通じて、モレスキンを持って、インターナショナルな人間になるように、精進したいと思います。

モレスキンを買ったら最初に何をやるか?

モレスキナリーをブックマークすることをオススメします。

モレスキンとともにあらんことを。

世界のどこかの空港でお会いしましょう。(ハヤテノコウジ)

モレスキナリー管理人のYOKOさんの著書:
(私の作品も数ページ出ています)

モレスキン 人生を入れる61の使い方

マンスリー絵日記、2月前半レビュー

モレスキンのヴォランに作成中のオリジナル手帳、2月に突入です。大雪の翌朝の土曜日、慣れない雪かき(しかもスコップとか持ってないので、ちりとりでやるというwwww)で完全疲労状態になりながらも、おいしいフィットチーネのランチとアイスクリームでなんとか元気を出し、レビューとか資料整理とかがんばりました。そして、昨年9月から続いている1コマ絵日記「マンスリー絵日記」も下絵をドローイング。1日1コマだから楽々です。もう2月上旬も終わりましたね。色塗りはすべてのコマが埋まったあとにやります。楽しみはとっておくという感じで。

ということでレビューです。

続きを読む マンスリー絵日記、2月前半レビュー