顔料アクリルマーカーでフードイラスト描きがさらに楽しくなった件。

日曜日にゲットしたマーカーたち。リキテックスのペイントマーカーは顔料アクリルマーカーで、超期待。私はスタビロのマーカーにハマる前は、アクリル絵の具で描いていたので、あの鮮やかさをまた絵で表現できそう。 あとポスカの白と、三菱のペイントマーカーは、色紙に白いイラストをたっぷり描こうと思って買った。 描かない時期は、着想をノートに描く、画材を探す、旅の物語を読む、こんな感じで、脳内で絵を描いてる感じですね。
日曜日にゲットしたマーカーたち。リキテックスのペイントマーカーは顔料アクリルマーカーで、超期待。私はスタビロのマーカーにハマる前は、アクリル絵の具で描いていたので、あの鮮やかさをまた絵で表現できそう。 あとポスカの白と、三菱のペイントマーカーは、色紙に白いイラストをたっぷり描こうと思って買った。 描かない時期は、着想をノートに描く、画材を探す、旅の物語を読む、こんな感じで、脳内で絵を描いてる感じですね。
リキテックスのペイントマーカーでみかんを描いた。なかなかいいすねー!
リキテックスのペイントマーカーでみかんを描いた。なかなかいいすねー!
リキテックスのペイントマーカーを使って描いたパフェ。鮮やかなストロベリーソースが再現できたかも。
リキテックスのペイントマーカーを使って描いたパフェ。鮮やかなストロベリーソースが再現できたかも。
ファッションイラストレーターの森本美由紀さんの本、やっぱり買おう。と思って、森本さんが描いたピチカートファイブのアルバムジャケットの真似して描いてみた。赤と黄色はリキテックスのペイントマーカー。
ファッションイラストレーターの森本美由紀さんの本、やっぱり買おう。と思って、森本さんが描いたピチカートファイブのアルバムジャケットの真似して描いてみた。赤と黄色はリキテックスのペイントマーカー。
Liquitex リキテックス マーカー スリム6色セット
by カエレバ
森本美由紀 ファッションイラストレーションの描き方―線画をスタイリッシュに描くために
by カエレバ

(文・絵:ハヤテノコウジ)

モレスキンスケッチブックで絵を失敗したときに、私がやっているシンプルなリカバー術

モレスキンスケッチブックに描いた、あ!失敗した!
モレスキンスケッチブックに描いた、あ!失敗した!

モレスキン、1冊が高級なので、できれば失敗なく使いたいものですが、そうはいかずミスしてしまうことがあります。その場合、どうやってリカバーさせるかというお話を書きたいと思います。

続きを読む モレスキンスケッチブックで絵を失敗したときに、私がやっているシンプルなリカバー術

私がモレスキンに盆栽を描いていい気分になった3つの理由

盆栽・イン・ザ・モレスキン
盆栽・イン・ザ・モレスキン

私が東京に出てきて何年になるのか、という自己的な問いについて答えるとするならば、人生の半分以上はすでに東京にいる、ということになる。いまだに観光気分でいるので、全く飽きることがない世界有数のメトロポリスなこの都市この街の楽しみ方、そのひとつに「散策」がある。新旧が混ざった不思議な街のなかで見つける、素敵なモチーフのお話。

続きを読む 私がモレスキンに盆栽を描いていい気分になった3つの理由

「グルメはデザインされている」料理自体がアートであることを気づかせてくれた、素敵なあの人

2014年ゴールデンウィーク作品 ビーンズパーティー アップ
2014年ゴールデンウィーク作品 ビーンズパーティー アップ

私はフードイラストをよく描きます。主に、旅で食べたすばらしきグルメを思い出に残したい、というのが理由です。ずっと食べ物を描き続けていて、気づいたことがあります。なぜ描くのか。というお話です。 続きを読む 「グルメはデザインされている」料理自体がアートであることを気づかせてくれた、素敵なあの人

自分の持ち物をモレスキンに書き出してみる面白さは、札幌のあのカリスマノートマニアに教わった

mymoleskine20140510

3つでまとめると不思議とうまくいく、というのはビジネスの世界でよく言われることだ、と新人時代についていた上司から教わったのははるか昔のこと。たしかにそうかも、ということでずっと活用しています。ゴールデンウィークに、この「マジックナンバー3」をテーマに絵を描いたお話です。

続きを読む 自分の持ち物をモレスキンに書き出してみる面白さは、札幌のあのカリスマノートマニアに教わった

熱烈モレスキナーの私が、ラージサイズに描きまくりのGWで再認識した、モレスキンスケッチブックの頼もしさ

2014年ゴールデンウィーク作品 マジックナンバー3
2014年ゴールデンウィーク作品 マジックナンバー3

アナログブロガーのハヤテノコウジです。2014年のゴールデンウィーク、いろいろと仕事が入ったため連休にはできなかったのですが、久しぶりに絵をモレスキンに描く時間がとれたので、描きかけの作品を一気に完成させました。最近はその軽さと楽さから、モレスキンのヴォランを愛用していました。やはりアート紙でできているモレスキンスケッチブックはとてもしっかりしていて、裏写りもあまりなくガシガシと色を塗ることができます。安心感と懐かしさ。私はモレスキンスケッチブックだけを使っている時期もあり、この重さといい頑丈さといい、その頼もしさをすっかり思い出してしまったゴールデンウィークとなりました。

続きを読む 熱烈モレスキナーの私が、ラージサイズに描きまくりのGWで再認識した、モレスキンスケッチブックの頼もしさ

モレスキナリーのまとめ記事「カドマル月報」2014年5月分を担当しました!

モレスキンファンサイト「モレスキナリー」では、月一で同サイトで紹介した記事のまとめ記事を公開しています。2014年5月号は私ハヤテノコウジが担当しました。
今回も興味深い記事がたくさんありました。

モレスキナリーのまとめ記事「カドマル月報」2014年5月分を担当しました!

モレスキナリー:カドマル月報2014年5月号