(作品)2014年ハヤテノコウジ的トピックスまとめ(モレスキン絵日記)

2014年はハヤテノコウジ的にはチャレンジな年であり、次の9年サイクルの準備の年であり、蓄積したものから発見した再認識の年であり、文房具断捨離の年でありました。2014年前半は、自分という物理的スーツと心という精神的OSを鍛え直されることが多く、後半は新たな状態で加速を保ったまま、ただひたすら耐えながら進む。そして最後には晴れ舞台が用意されていた、というドラマティックな1年でした。

日記を毎日付けていてよかった、と思うのは、この年末に1年間の自分を振り返る瞬間です。忘れています。いろんなことを忘れています。ひとつひとつ思い出しながら、仕事・アート活動・プライベート・ツール別にランキングを付けてみました。その中から、10大トピックスをモレスキンに描きました。アナログブロガーのハヤテノコウジとしては、アナログなブログとしてのモレスキン絵日記にまとめることが必須、ということでご紹介したいと思います。

molediary-2014rankcolor

2014年のハヤテノ的トピックス1位〜10位のご紹介と、大きいサイズの写真はこちら。
続きを読む (作品)2014年ハヤテノコウジ的トピックスまとめ(モレスキン絵日記)

(創作)2014年のハヤテノコウジ作品を振り返る。

2014年も多忙な本業のスキマを見つけては創作活動を行ってきました。ZINEを発行したり、合同展示会に参加したり、ワークショップをしたりと、いろいろなチャンスに恵まれて本当にありがたい1年でした。来年はもっとアート活動を展開し、どんどん自分の発想や個性を発表していきたいです。

イタリア料理をイメージしたフードイラスト。モレスキンのラージサイズに整列パターンで展開。

さて、2014年はどんな作品を作ってきたのか、振り返ってみました。モレスキンのスケッチアルバムは正方形なので、Instagramにもアップしやすく、さらにプレーンとアート紙の間くらいの紙なので、裏写りを押さえながらも描きやすいという特徴を持っていました。「1冊の作品集」というコンセプトで作りました。他にはモレスキンのスケッチブックのラージ(マンスリー絵日記とアート、コラージュ等)とポケット(モレスキン絵日記)を使い分けました。ポケットサイズはフォーマットとしても小さいため、要素を収納しやすい。ラージは広いためアイデアを広げやすい、ということを再認識しました。1日1コマのマンスリー絵日記は印象的な日記を残すことがわかりましたが、毎日をイラストにするのが難しかったため、2ヶ月まとめて見開きのフレーム郡に配置するようになりました。

コピックのマルチライナーとステッドラーのピグメントライナーを併用して、下絵を描くようになってきました。12月になってから、文字にはパイロットの筆まかせを導入しています。

12月に文房具カフェで開催されたモレスキンのワークショップで講演することが決まってから、自分のイラスト手法である「フレーミング」について体系化しようといろいろまとめています。そう、2014年はハヤテノコウジのアートとしてのアイデンティティが確立した年でございました。

主な作品はこちらから。

続きを読む (創作)2014年のハヤテノコウジ作品を振り返る。

(ブログ)極私的ランキング:ハヤテノコウジのブログ、2014年の人気ページは?

2014年もたくさんの方にご訪問いただいた、当ブログ。人気のあったページを振り返ってみましょう。

  1. 2014年の手帳は自作展開。(モレスキンのヴォラン)
  2. ハヤテノコウジが使っているノート・手帳まとめ(ノートマップ)
  3. モレスキンスケッチブックで絵を失敗したときに、私がやっているシンプルなリカバー術
  4. 「モレスキン」という型がもたらす段階的な自己成長と発見(A4モレスキン使用感)
  5. ypad3を使って数ヶ月。使用感レビュー。

ハヤテノコウジブログの2014年ページビュー5位までを見てみますと、「モレスキン 自作」というキーワードでの訪問者が最も多く、続いて自分の使っているノート・手帳まとめが続く結果となりました。ノート・手帳についてはTwitterでもたくさんのシェアをいただき、Instagramでも反応がありました。当ブログは検索経由のアクセスが約60%で、モレスキンと何らかのキーワードを掛け合わせた検索結果から来ていただいているようです。これはモレスキンアーティスト、モレスキナーとしてはうれしい限りです。また「ハヤテノコウジ」というワードで検索される方も増えており、自分のアーティストとしての認知拡大も感じます。来年もがんばろうと思います。

yPadに関するレビュー記事も、毎年アクセスが多いコンテンツです。残念ながら私はこのノートを使いこなすことができなかったのですが、導入を検討している方に何らかのヒントを与えることができるならうれしいです。

ブログを続けていてよかったと思うのは、雑誌から取材依頼が入ったり連載依頼が入ったり、イラスト制作の依頼が入ってくることです。継続は力なり、と実感しています。

2015年はさらにアクセスを増やせるような、読者の皆様のお役に立てるようなコンテンツの公開を心がけたいと思います。

来年もどうぞよろしくお願いいたします。

(文・絵:ハヤテノコウジ)

(作品)2014年ラストの文房具朝食会へ参加、のモレスキン絵日記。

日曜日の朝9時から開催される、朝活「文房具朝食会」に行ってきました。今年最後ということで、ちょうどよい人数だったので朝食会から昼食会へ、文房具スポットめぐりと半日お世話になりました。(絵日記の見出しにも書きましたが)休日の朝活って前日は「あー明日朝活か〜!ゆっくり寝たかったなー」とか思うのですが、当日はその日1日がとても充実する(朝から行動するため)すばらしいイベント。文房具朝食会に参加するときは、1人1文房具を紹介するルールになっています。毎回とても勉強になります。今回驚いたのは、木を薄くスライスした経木メモ。木なので、ここにお寿司の絵を描いてみたらこれがリアルになって面白い。買おうかどうしようか迷っていた「かどまるPRO」は、やはりその安定感を確認し、購入しました(普通のかどまるくん、は持っていました)。

2014年12月21日の文房具朝食会に参加した記憶をモレスキン絵日記。今回も素敵な文房具がたくさん登場。後日、私もかどまるPROを買った。
大きいサイズの写真はこちら。

続きを読む (作品)2014年ラストの文房具朝食会へ参加、のモレスキン絵日記。

(作品)3県移動した関西旅行の絵日記(モレスキン)

12月上旬に行った、大阪・奈良・京都を移動したモレスキン絵日記です。フレーム配置でトピックスだけ描いていますので、見開きに凝縮することが可能です。フレーミング手法ならではの手軽さ。

大阪→奈良→京都→大阪と移動したのですが、最終日の大阪ではコインロッカーが空いていなくて、スーツケースをもったまま文房具店めぐりをしました。混雑する梅田の街をこの状態で移動するのはなかなか厳しい感じでしたが、なんとか楽しむことができました。

大阪、奈良、京都と3県を移動しながら滞在した関西旅行の絵日記。モレスキンのスケッチブック、ポケットサイズにとじこめました。

大きいサイズの写真はこちら。

続きを読む (作品)3県移動した関西旅行の絵日記(モレスキン)

(作品)大阪梅田の串カツの思い出をモレスキン絵日記。

今年は仕事で関西地方に出張する機会がなんどかあって、その度に隙間時間を見つけては文房具屋さんに行ったり、その土地のグルメを楽しんだりしたのは内緒です。大阪で仕事が18時半に終了。これは大阪の友人を読んでディナーでしょ、と思いまして、おいしい串カツのお店で串カツをいただきました。モレスキンに串カツを描く作業、これが面白い。色鉛筆をいろいろ使って平面的な絵にならないようにやってみました。いかがでしょうか、おいしそうでしょう。「二度付け禁止でお願いします」と店員さんに言われたとき、キターーーーと喜んでしまいました。あくまでも心の中で。美女をとなりに楽しい会話。仕事がんばってよかったな、これからもがんばろう、と思った金曜日の夜です。こちらからは以上です。

大阪の友人に「串カツ食べたい!」と希望出して、オススメのお店だよ、ということで連れて行ってもらった「赤とんぼ」さん。ヘルシーな感じの串カツ、お任せ10本を満喫したあと、野菜を中心に追加してみました。とてもおいしい!大阪に来たら、またこちらにお邪魔したいと思います。

大きいサイズの写真はこちら。
続きを読む (作品)大阪梅田の串カツの思い出をモレスキン絵日記。

(作品)奈良の思い出をモレスキン絵日記。

大阪に滞在する機会があったので、お休みのタイミングで奈良に行ってみました。鹿がたくさんいて、いろんなタイプがいるのだなぁと思いました。東大寺の大仏様は壮大で力強く、境内もほどよく保存されていて、むかしむかしの時代にいるような、そんな気分になります。ランチにはあたたかい素麺。今度はじっくりと自転車でまわってみたい古都です。そんな思い出をモレスキンのスケッチブック(ポケット)へ。旅の思い出を描きだすのは、記憶を呼び覚ます、つまり旅と再会している感じがします。

大阪にいたので、ふらっと奈良へ。20年以上ぶりに奈良公園と東大寺に行ってみた。奈良時間と散策を楽しんだ休日は、鹿を観察した日でもあった。

大きいサイズの写真はこちら。
続きを読む (作品)奈良の思い出をモレスキン絵日記。