(ノート術)村上春樹さんの本で見つけた「旅の記録の極意」

村上春樹さんの本「辺境・近境」を読みました。辺境を旅をしている様子が、なんともリアルに伝わってきます。この古本は、代々木上原の古書店「ロスパペロテス」で買いました。あそこは時々ふらっといくと、今の自分にぴったりの本と出会うから不思議です。可愛いワンコも店番しています。

旅の本として、読んでいて楽しかったのですが、あとがきの部分に村上流「旅の記録法」が書いてあったので、なるほど〜!と思ってブログでも共有したくなりました。

旅行中はあまり細かいメモを書かない、という村上さん。ざっくりまとめると、以下のようなことが書いてあります。

  • 小さいノートをポケットに入れておく
  • その都度ヘッドラインみたいなものを並べて書く(あとで思い出す)
  • 日にち、場所、名前などはしっかり記録しておく
  • 目でいろんなものをしっかり見る(情景や雰囲気や匂いや音を頭の中へ)
  • 自分自身が好奇心のかたまりとなる
  • 自分自身が録音機となりカメラとなる
  • そこにある現実に自分を没入させる、肌にしみこませる

なんか「はっ!」としてしまいました。大いなる反省。メモしよう、カメラ撮ろう、スマホのカメラでも撮ろう、さてInstagramにアップしてTwitterにもながそうか、いつも旅先であたふたしている自分がいるからです。そういえば最近、あまり旅をしても十分に楽しめなかったのは、自分の体に旅先のすべてを注入していなかったからだ、と気づきました。あー!もったいないもったいない。私のような旅慣れてない素人だからこそ、じっくりと情景を味わいたいものだ、と思ったしだいです。そして、「細かくメモしないでヘッドライン的に書いたほうが、後日思い出すためのブイとなる」というテクニックも面白い。これ、日常でもさっそくやってみたいと思いました。

文・ハヤテノコウジ