旅と日記、未来と過去。モレスキン。

オスロの風景

Notebookers.jp寄稿記事:

私のライフワークのひとつ、旅日記をつくること。

続きを読む 旅と日記、未来と過去。モレスキン。

#モレスキン マンスリー絵日記 7月バージョン完成

「2016年 4月始まり マンスリーダイアリー (日本語版)|ハードカバー Large ブラック」を使った、マンスリー絵日記。7月分が完成しました。ペンはフリクション0.5のブルーブラック。

art_monthlyJuly2016

7月下旬はノルウェー旅行を満喫しました。

マンスリー絵日記は1日1絵のひとこま日記なので、日記はじめたいなーという方にオススメの方法です。

(絵と文:ハヤテノコウジ)

(モレスキン活用術)モレスキン絵日記(Week40)

モレスキン絵日記、40週目に突入です!
モレスキンのデイリーダイアリーに絵日記を描いて、ほぼ毎日公開しているモレスキン好きアナログブロガーのハヤテノコウジです。

40週目となりました。おいしいグルメをたくさん食べた1週間でした。
Week40のモレスキン絵日記はこちら。

続きを読む (モレスキン活用術)モレスキン絵日記(Week40)

モレスキンアトリエ(有楽町ロフト)での展示イメージその3

2013年の国内旅行のモレスキン旅行記。静岡旅行とハーブ園散策の思い出。
2013年の国内旅行のモレスキン旅行記。静岡旅行とハーブ園散策の思い出。

2013年の国内旅行のモレスキン旅行記。静岡旅行とハーブ園散策の思い出。カイエに描いた絵日記は、フリクションと色鉛筆で色をたくさん使っていた。静岡は景色も美しくおでんもおいしく、そしてハンバーグの名店にまで連れて行っていただき、グルメを大満喫した。この絵はイラスト雑誌「イラストノート」にも大きく取り上げられた。スケッチブックが重いな〜と思っていたのでカイエをたくさんつかっていた時期。夏のハーブ園はハーブたちの息吹が聞こえるような、癒されつつパワーをもらったのを体が覚えている。

ハヤテノコウジ展示会「MOLESKINE frames」は4月10日(金)まで4月8日(水)まで、有楽町ロフトで開催中!この写真に写っている作品の実物を見ることができますので、ぜひお立ち寄りください。4月4日(土)の13時〜17時は現地におります。

「MOLESKINE frames」ワークショップ
日  時:4月4日(土) 14:00~15:00/16:00~17:00 2回開催
会  場:有楽町ロフト MOLESKINEアトリエ
講  師:アーティスト ハヤテノコウジ
定  員:各回6名・事前予約制
参加条件:当日有楽町ロフトにてモレスキン商品2,500円以上(税抜)をお買い上げいただいたお客様

予約方法
1:お名前
2:当日ご連絡のつく電話番号
3:メールアドレス
上記3点を、info@moleskine.co.jpまでご連絡ください。
※同伴希望の方についても、1~3をお知らせください。
※各回限定6名様となります。
※定員に達し次第締め切らせて頂きます。

詳細は、モレスキン公式ページにてご確認ください。

【展示会】「MOLESKINE frames」有楽町ロフトにて3.27(金)より期間限定開催
http://www.moleskine.co.jp/news/nws_150325_frames/

【ワークショップ】ノートブックで気軽にアート!@4.4(土)有楽町ロフト予約受付中
http://www.moleskine.co.jp/news/nws_150316_frames/

食の風景を描くことの楽しさ、難しさは?

20140805-202702-73622564.jpg

雑誌「イラストノート」から取材いただいたことで、自分の創作意欲の理由などを整理することができました。数回シリーズで、質問への回答を元に、ブログ記事にしたいと思います。では5回目。

食の思い出を描く楽しさは、旅のあとでも食の記憶と、楽しかった時間と、そこで過ごした素晴らしい空間がよみがえるという「思い出を再食する」ことができることです。そのフードイラストを見れば、またワクワクしてくる感じがします。

続きを読む 食の風景を描くことの楽しさ、難しさは?

モレスキナリーのまとめ記事「カドマル月報」2014年5月分を担当しました!

モレスキンファンサイト「モレスキナリー」では、月一で同サイトで紹介した記事のまとめ記事を公開しています。2014年5月号は私ハヤテノコウジが担当しました。
今回も興味深い記事がたくさんありました。

モレスキナリーのまとめ記事「カドマル月報」2014年5月分を担当しました!

モレスキナリー:カドマル月報2014年5月号

ひとこま絵日記のススメ。まずはこのノートをゲットする。

mujinote

マンスリータイプの手帳やカレンダーに、ちいさな、ひとこまの絵日記を描くのが楽しくてしかたありません。ということで、この「ひとこま絵日記」を描くのにオススメのノートのご紹介です。

続きを読む ひとこま絵日記のススメ。まずはこのノートをゲットする。