yPad3を使って数ヶ月。使用感レビュー。

yPad3を使って数ヶ月。。。
yPad3を使って数ヶ月。。。

友人に影響されて、今年初めて導入したyPad3。iPadではありません。こちらはクリエイターが考えた、いわゆる手帳です。文房具屋さんより、本屋さんでよく見かける、というこの人気の手帳、私も書店で購入して愛用しています。スケジュール管理とタスク管理ができて、フリースペースもあるので使い勝手が良いです。最初は仕事もプライベートも書いていましたが、今は仕事のことだけ記入するようになりました。持ち運びもやめ、会社の机にしまって、毎朝開いて、帰宅時にしまっています。2週間ごとに進捗を管理する、というのはすごく安心感があります。業務には固定的なものと、流動的なものがあり、いつでも変更しやすいようにフリクションペンと、シャープペンを併用しています。

yPad3
yPad3

しばらく使って来て、じぶんなりの使い方ができてきたので、まとめてみました。

続きを読む yPad3を使って数ヶ月。使用感レビュー。

モレスキンを見せたあの日。ある昼下がりの、モレスキン・ハイ(初期衝動)

ある昼下がりの、モレスキン・ハイ
ある昼下がりの、モレスキン・ハイ

ある時、そういえばモレスキンの面白さを知るきっかけとなる出来事があったな、と久しぶりに思いだしました。手元にあったノートに、一気に記憶をたどって文章を書きました。

初めて自分の作品を販売した日。

2010年5月上旬。心地よい風が吹き、天候に恵まれた新緑の昼下がり。私はあるイベントに参加し、路上で自分が描いた絵と古本を売っていました。古本を何冊か用意して売るのであれば、絵や雑貨などの手作り品も販売していいよ、というイベントです。私は1999年くらいから、趣味で絵を描き続けていたので、思い切って参加することにしました。

この機会では、一応「お店を出す」ということなので、店名が必要です。題字は書家である友人に書いてもらい、名を疾風堂としました。「しっぷう堂」ではありません。「はやて堂」と読みます。自分のハンドルネームが昔から「ハヤテ」なので、古本イベントということで縦書きで書いてもらったのです。とても気に入っているのですが、この日は、しっぷうと呼ばれることが多いのでした。(追記:ハヤテ、というハンドルネームの方がたくさんいるので、その後はハヤテノコウジと改名)

とても印象的な1日。

この日、私の作品をお客さんたちが手に取り、そのうちの何人かは買ってくれました。出品した古本も完売。となりの出店者との会話、運営事務局の皆さんの心配りなど、大変ありがたかったです。古本を売ることも面白い。自分が一度は読んでいる内容なので、興味を持ってくれた方にポイントを話し、お客さんに合うかどうかを考えておすすめします。なんだか昔を思いだしました。小売店をやっていた実家での店番の記憶です。興味深いお客さんたちもたくさんいて、数日後に京都に移住する女性が京都の本を数冊買ってくれたり、いろいろ勉強中という男性がビジネス書をまとめて選んでくれたり。友人からもらったほぼ新品のライトノベルを買った小学生は、とても喜んでいました

続きを読む モレスキンを見せたあの日。ある昼下がりの、モレスキン・ハイ(初期衝動)

「モレスキン」という型がもたらす段階的な自己成長と発見(A4モレスキン使用感)

A4サイズのモレスキン使用感レビュー。モレスキンをめぐる精神的旅路

モレスキンを愛用し、モレスキンにイラストや絵日記、コラージュなどを制作しているアマチュアイラストレーター、ハヤテノコウジです。普通のサラリーマンをしながら、深夜と週末だけ、制作活動を行っています。個展やイベント、会合、Facebookページやその他ソーシャルメディアを通じて作品発表を続けていますが、このブログの運営も大切な活動の一つと考えています。今回は、今年の1月に開催した個展「ハヤテノコウジの旅日記展(デンマーク旅行編)」では、デンマーク旅行記をモレスキンのA4サイズに描いたので、これについて考えてみました。

MOLESKINE モレスキン フォリオ スケッチブック A4 ([文具])

モレスキン・アトリエで出会ったA4サイズのモレスキン。

A4サイズのモレスキンがあると知ったのは、有楽町ロフトの中にできた、「モレスキン・アトリエ」というモレスキンの直営店のオープニングパーティーでのことだった。たくさんのモレスキンと同代理店が扱う海外ステーショナリーやグッズに囲まれて、喜んでいる時に、入り口近くのコーナーでA4サイズのモレスキンを見つけた。正式には「モレスキン フォリオ スケッチブック A4」という。

モレスキンに絵日記や旅日記、コラージュ、旅のイラスト、花のイラスト等を描いて、一部ではモレスキン・アーティストと呼んでいただいている自分は、長い間、「モレスキン スケッチブック ポケット」と「モレスキン スケッチブック ラージ」を使っている。こちらはアート紙でできており、頑丈で裏うつりはほとんどしないすぐれもの。色が黄色いので、白い紙に描くのとは違う、独特の風合いができあがる。

ポケットサイズから始まったマイモレスキンライフ。

もともとは、ポケットサイズのモレスキンのスケッチブックを愛用していた。ラージサイズを買ったのは、使っているポケットサイズが一時的に手元から離れることになったのがきっかけだった。61人のモレスキンユーザー(モレスキナーという)の使い方を集めた書籍「モレスキン 人生を入れる61の使い方」 のその中の1人、としてご紹介いただいた時に、ありがたいことに掲載したイラストが描かれたモレスキン(計3冊)を同書のプロモーションの一環で書籍展示してくださるということで、貸し出すことになった。その際に、ラージサイズのモレスキンのスケッチブックを買ってみた。

ポケットサイズに比べると、ラージサイズはたくさんの情報を記入できる。表現の幅が広がる。自分のポケットサイズのモレスキンに描いた絵は様々なシーンに展開していき、それを眺めながら、ラージサイズへの創作の試みをいろいろとやっていくのであった。ポケットの持つコンパクトさ、世界を凝縮することでむしろメッセージ性を増していく感じは、盆栽や茶室、禅庭なので世界というか宇宙を創り上げていく日本人にあっているような気がする。自分も、ポケットサイズには京都の絵、とくに石庭等を描いていた。ラージを使ってみることで、自分の作品は和よりも洋、西洋的エッセンスが盛り込まれるようになった。

続きを読む 「モレスキン」という型がもたらす段階的な自己成長と発見(A4モレスキン使用感)

麻布十番に2月20日(水)オープンする和食デリ「おうちDELI」試食会に行ってきた!

麻布十番に2/20オープンする「おうちDELI」試食会に行ってきた!
麻布十番に2/20オープンする「おうちDELI」試食会に行ってきた!

ハヤテノコウジが長年お世話になっている友人たちが、麻布十番に日本料理のデリショップをオープンします。2月20日水曜日に始まるので今は準備の真っ最中!大変忙しいタイミングですが、試食会を開いてくれたので、モレスキナー仲間のとむとむ君を誘って行ってきました。試食会でいただいたメニューはどれもこれも美味しくて、毎日食べたい感じ。ああ、会社の近くだったらなー家の近所だったらいいなーと言いながら堪能させていただきました。

化学調味料を使っていない本格的な和食メニューで、とても美味しいメニューがたくさんあります!恵比寿の日本料理店「賛否両論」で活躍された女性料理人の方が料理を担当されているので、一品一品が上質。美味しい美味しいを連発しながら写真を撮ったり質問したりして、楽しい時間を過ごさせていただきました。健康に、体にやさしい作りたてを食べてもらいたい、きちんと食べてもらいたいというお店の皆さんの思いが詰まっている感じ。

今日の試食会でいただいたのはこちら!

おうちDELIの試食会でいただいたメニュー
おうちDELIの試食会でいただいたメニュー

おとなのポテトサラダ
牛すじ煮
甘酢漬け
豚の角煮
切り干し大根の煮物
だし巻き卵
ご飯

豚の角煮がめちゃうま!とむとむ君も僕も感動、ふわふわで上品なだしまき出し巻き卵は京都にいる気分になりました。こだわりのポテトサラダも美味しかったー!ご飯もおかわりしたい甘さ、「ご飯だけでも買いにきたい」という、とむとむ君の名言が出るほど。
オープンしたらすぐに来たいです。

このお店は絶賛応援していくので、またモレスキン絵日記やフードイラストにしてご紹介しますね!

メニューの詳細はニュースリリースにあるので、いろんなサイトに掲載された情報で確認してください。お店がオープンしたあとに、ブログやFacebookページも開設予定で、ハヤテノコウジも応援していきます。

いろんなサイトに出たおうちDELI ニュースリリース
http://bit.ly/ZhKyBu

おうちDELI ウェブサイト
http://ouchideli.com/

■展開メニュー
・店頭メニュー:惣菜、スープ、デザート 他
・注文メニュー:ちらし寿司セット、棒寿司セット、おにぎりセット 等 

■店舗概要
店名:おうちDELI
店舗形態:量り売りデリ、店頭販売、イートイン(6席)
営業時間:11:30~21:30     定休日:日曜日     坪数:13.7坪
住所:東京都港区元麻布3丁目11-3

(モレ写2、に出したモレスキンが戻ってきた)旅する写真展α MOLESKINE写真展2

モレ写2 コラージュ
モレ写2 コラージュ

文具ファンや雑貨ファンに人気の文具雑貨店「旅屋(東京都中野区、ハヤテノコウジもよく出没)」さんで開催されていた展示会、「旅する写真展α MOLESKINE写真展2(モレ写2)」にハヤテノコウジが出展していたモレスキンが、展示会終了のため手元に帰還!プロジェクトプランナーに旅の思い出を納める企画で、デンマークの思い出を閉じ込めました!他の参加者の皆さんのモレスキン作品がとても興味深くて、なんども読ませていただくくらい、素敵な企画展の仕上がり。昨日は参加者対象の打ち上げもありまして、なんだかものすごく盛り上がって楽しい夜を過ごさせていただきました。旅屋という文具雑貨店に集う旅の仲間たち、という感じで、ネットワークがどんどんつながっていくのがとても面白い!と、同イベントのオーガナイザーであるナカガメロン兄貴もロックな感じでおっしゃっておられ、まあ感動の夜となったわけでございます。

せっかく戻ってきたので、記念に写真を撮ったり、感想を書いてみます。

続きを読む (モレ写2、に出したモレスキンが戻ってきた)旅する写真展α MOLESKINE写真展2

78% + AGE = BEAUTY (Senventy Eight Percent Launches in Japan) 【MOLESKINE】2013年 新商品展示会

seventy eight percentのプロダクツ
seventy eight percentのプロダクツ

【MOLESKINE】2013年 新商品展示会レビューの続きです。

ハヤテノ的には実はワーキングユニット・ジャパンさんの「モレスキン以外」にも注目していまして、おしゃれなケースやバックの「pijama」や物語性あふれるノートブックの「Chronicle Books」もいいなぁといつも思っています。実際使っています。さらに、今回はバックも展開することになった、ということで展示会場の2階に案内していただき、「Seventy Eight Percent」のクールなバックをいろいろと拝見しました。

続きを読む 78% + AGE = BEAUTY (Senventy Eight Percent Launches in Japan) 【MOLESKINE】2013年 新商品展示会

yPad3活用でいろいろ見えてきた多ノート使いの独り言

yPad3
yPad3

私には、いつもクリエイティブな面で様々な影響を受けているイラストレーターの友人がいる。彼女が創作活動に役立つということで買ったというyPad3、これまた影響を受けて購入。自分でも年末から使いはじめて数週間が経過した。レビューとまではいかないが、感想みたいな文を書いてみる。

続きを読む yPad3活用でいろいろ見えてきた多ノート使いの独り言