(過去記事)61人分の”モレスキン・モード”のコレクション「モレスキン 人生を入れる61の使い方」を読んで自分のモレスキンヒストリーをレビューしてみた


実は、私は。

私は一見するとそうでもないのですが、集団行動が苦手、めんどくさがりやという性格を持っています。誰かに合わせるよりも、自分で開拓したい気持ちが強いです。自分がリスペクトし貢献したいと思える人たちには全力で貢献し、頼りになる存在として認識されますが、そうでない場合は、その逆を行くめんどくささ。仕事力はそこそこあるけれど、素直に命令指令を聞かないので会社の偉い人に睨まれてしまうタイプ。これが災いし、社会人としての出世街道から大幅にはずれています。そんな私ですが、モレスキンの使い方が深まってから変わりました。少し大げさなことを言いますが、もしモレスキンに出会っていなければ、やけくそになりながら人生を過ごしていたかもしれません。あるいは、出世街道からはずれているからモレスキンに絵を描くステージができたのかもしれません。こんなことを書いている自分はちっちゃい男だなぁめんどくさい男だなぁと改めて思いますが、「モレスキン 人生を入れる61の使い方」という本を読んで、改めてモレスキンと人生というテーマについて考えたので、ここに文章として記したいと思います。

やけくそになりそうな自分を制御した、「絵を描く」こと。

全く興味のない分野を担当する仕事の面では、どんどんモチベーションが下がっていきました。会社でも、プライベートでも、1人で、自分の世界で過ごしていこうという気持ちになっていました。そんな中、何かを絵にするという行動だけが、自分のなぐさめになっていきます。とくに旅先でのスケッチや、旅の写真をもとにした絵を自分の世界観にコラージュしていくこと、これだけが自分の心を癒す手段です。旅の記録と記憶を浸透させた絵は、旅で立っていた座標と空気と情報と心の変化を呼び起こす装置になることに気付きます。大好きな京都に通いながら絵のモチーフを探す。アクリル絵の具を使って絵に落としていく。京都をテーマにしたブログにアップする。京都の方と交流する。このあたりから、作品として絵を創作する面白さに目覚めていきました。さらに、どこか遠方に行くことだけではなく、その日にあったこと、その日に行った場所などを描くことも「旅である」つまりは日々が旅である、という人生観を持つようになります。日々が旅である、という意識をもちながら、2010年は北京、上海、ヘルシンキ、コペンハーゲンといった個性的な海外の都市に滞在する機会を得ました。ここで得た衝撃を絵にしたモレスキンアートが反響を呼び、雑誌や書籍に紹介されるようになるとは、当時の私は全く予想していませんでした。

続きを読む (過去記事)61人分の”モレスキン・モード”のコレクション「モレスキン 人生を入れる61の使い方」を読んで自分のモレスキンヒストリーをレビューしてみた