ウェブショップ開設記念OFFは1月31日まで!

キートスハヤテ、オープン記念キャンペーンは1月31日まで!
キートスハヤテ、オープン記念キャンペーンは1月31日まで!

ハヤテノコウジの作品が買える、ウェブショップ「キートスハヤテ」
http://shop.kiitos3.com/

ハヤテノ日常画帳情報

2015年の1年間、毎日続けた絵日記をZINEにした「ハヤテノ日常画帳」。3シリーズあります。1はおかげさまで完売しました。ときどき「3冊全部ほしい」とご希望をいただくことがあります。まことに嬉しく、ありがたいと思っています。

大変申し訳ございませんが、同シリーズの増刷は予定しておりません。2と3でも絵日記見本として活用いただけると思っておりますので、ハヤテノコウジのウェブショップでお待ちしております。また別のスタイルで、日常の絵日記をZINEにしていく予定です。どうぞよろしくお願いいたします。(ハヤテノコウジ)

ハヤテノコウジ作品はウェブショップ「キートスハヤテ」で購入可能です。
http://shop.kiitos3.com/

麻布十番「おうちDELI 特製おせち」のポストカードをつくりました!

「おうちDELI(麻布十番、日本料理の手作り総菜店)」では、「おうちDELI特製おせち(限定30個、二段重4名様用)」の予約を12月21日(水)まで受付中です。ハヤテノコウジがフードイラストを展示販売しているお店です。

このおせちをイメージしたポストカードを作成、本日納品してきました。おうちDELIにて1枚100円で販売しています。

『おうちDELI 特製おせち』二段重4名様用

おうちDELIは、日本料理店での経験豊富な料理人による、出汁や素材にこだわった高品質なお惣菜をいただけるお店です。ハヤテノコウジも惣菜をいただいて、いつもエネルギーをいただいております。

詳細はお店のページにて!
http://blog.ouchideli.com/?eid=107

残り3冊となりました「ハヤテノ日常画帳」

ハヤテノコウジのスケッチジャーナル集「ハヤテノ日常画帳」が残り3冊となりました。ZINEでございます。2015年の1年間、1日1ページ手帳(モレスキンのデイリーダイアリー)に1日1絵日記を続け、その最初の4ヶ月からセレクトした絵日記を収録しています。作例として参考になると思いますので、この機会にぜひ!

ハヤテノコウジの新作ZINE「ハヤテノ日常画帳」が届きました!モレスキンのデイリーダイアリーに続けている絵日記からセレクトした見本集的な一冊となっています。
ハヤテノコウジのZINE「ハヤテノ日常画帳」はモレスキンのデイリーダイアリーに続けている絵日記からセレクトした見本集的な一冊となっています。
ハヤテノ日常画帳サムネイル
ハヤテノ日常画帳サムネイル

ご注文はウェブショップでお待ちしております。
http://shop.kiitos3.com/?pid=107827577

待望のKindle版登場!「新 手帳で楽しむスケッチイラスト」

たくさんの手帳スケッチャーアイデアが紹介され、スケッチジャーナル作家であるハヤテノコウジも、惜しみなくテクニックをあかしている本「新 手帳で楽しむスケッチイラスト(MDN)」にKindle版が登場しました!通勤時間や空き時間、カフェでのノートタイムなどにチェックしてみてください〜!

旅の雑誌「TRUNK」9号でハヤテノコウジのオスロ旅日記公開!

メディア掲載:旅の雑誌TRUNK vol.9

旅行雑誌「TRUNK」(連載中)にオスロ旅行イラストを提供しました。旅行雑誌コーナーあるいは女性誌コーナーにある雑誌です。よろしくチェックお願いします〜!

trunk9

9月18日発売「モレスキンのある素敵な毎日」でスウェーデン旅日記をご紹介いただきました。

45人分のモレスキンユーザーの使い方、これが1冊にまとまった本の登場です。モレスキンアーティストとしてモレスキンに絵や文を描き続ける私も紹介いただきました。

ストックホルムの街の風景

モレスキン本といえば2011年に出た書籍が知られており、私も登場しています。あれから5年、やっとモレスキンファン待望の1冊が発売になりました。著者の中牟田洋子さんは、アートやワールドワイドな視点でいつも刺激をもらっている友人で、モレスキナリーというモレスキンファンサイトの運営者でもあります。彼女だからこそ、たくさんのモレスキンファン集めることができたのでしょう。モレスキンに描き続けていると、ハードカバーのおかげで昔の作品もまだまだ読むことができるので、ありがたいなと思います。この本に登場した皆さんも、自身の大切なモレスキンとの人生を歩んでいらっしゃると想像し、ワクワクしてきました。

エステルマルム市場

ヴォヤジュールカバー

モレスキンファンだけでなく、手帳愛好家のみなさん、ノート愛好家のあなたに、ぜひ手にとっていただきたい1冊です。