「伝書紙」は「書いて伝える」楽しさを再起動する文具です。

伝書紙

ちょっと紙に書いて、誰かに伝える。そういえば最近すっかりご無沙汰だな、と思いました。ショートメッセージやメッセンジャー、SNSなど、デジタルツールで文字を打つのに慣れましたね。「東京インターナショナルペンショー」で出会った「伝書紙」。尊敬するステーショナリーディレクターの土橋正さんと山櫻さんが作ったこの製品に、いろいろ書いて試していたら、紙に書いてメッセージをさりげなく送る感覚が蘇りました。

万年筆で伝書紙8タイプに書いてみた

8種類の伝書紙に、ペリカンm205デモンストレーター(インクはロイヤルブルー)を使っていろいろと書いてみました。

8種類の伝書紙

「東京インターナショナルペンショー」では、伝書紙を10枚選べるサービスがあったので、8種類と2枚をゲットできました。

伝書紙no.1 「さくらCoC025」

伝書紙no.1 「さくらCoC025」・・・山櫻オリジナルの名刺の紙。自己紹介文を書きたくなった。その場で「このようなことができます。ぜひ連絡を」なんて即興スケッチして渡してみたい。

伝書紙no.2 「ダンデレードCoC」

伝書紙no.2 「ダンデレードCoC」・・・便箋やノートに使われる紙。デボス加工の線が入っているので、これに沿って一言メッセージを書いてみた。名言とかを書き連ねてもいいね。

伝書紙no.3 「淡クリームキンマリ」

伝書紙no.3 「淡クリームキンマリ」・・・手帳などに使われる紙。「今の自分は過去の思考でできている。今を変えれば未来が変わるよ。」みたいにメッセージを書いて渡してみたい。

伝書紙no.4「トモエリバー マット」

伝書紙no.4「トモエリバー マット」・・・文具マニアにおなじみの人気の紙は、辞書などに使われる。贈り物をするときに、その間にさりげなく添えるメッセージを書きたい。

伝書紙no.5「紀州再生上質」

伝書紙no.5「紀州再生上質」・・・古紙パルプが70%以上配合。凹凸がメッセージをかっこよくする。

伝書紙no.6「ダイヤバルキー」

伝書紙no.6「ダイヤバルキー」・・・絵本や図録などに使われる紙。名前がかっこいい!厚みがしっかりあるからガシガシ書いても大丈夫。

伝書紙no.7「HS画王」

伝書紙no.7「HS画王」・・・スケッチブックなどに使われる紙なので、スケッチジャーナルを描いてみた。これはいいね。

伝書紙no.8「白夜(びゃくや)」

伝書紙no.8「白夜(びゃくや)」・・・8タイプの中で最も薄い紙は、日めくりやデパートの包装紙に使われている。文字のにじみが、味を出す。

伝書紙no1で、その場で渡すメッセージとスケッチ

伝書紙

どの紙も気に入りました。その中で、「さくらCoC025」をまずは使っていくことにしました。このところ、とてもワクワクする出会いが続いているので、その人たちにメッセージを書いてその場で渡してみたいと思います。

あなたもぜひ、伝書紙を手にとってアナログなメッセージ伝達を楽しんでみてください。

伝書紙のページ
http://www.yamazakura.co.jp/products/selection/lab/denshogami/index.html

こんな方にオススメ:

  • 日常的に手紙や便箋を書くことが多い方
  • 万年筆愛好家・万年筆ユーザーの方
  • 筆記と紙の手触りを楽しみたい方

(ハヤテノコウジ)