最終課題は「旅のスケッチジャーナル」!「スケッチジャーナル学」第5回レポート

「スケッチジャーナル学」5回目

6月9日(土)は「スケッチジャーナル学」の最終講義でした。個性豊かな作品をみんなで楽しく共有できました。

「スケッチジャーナル学」5回目

機内誌の旅エッセイ風に作ったスケッチジャーナル作品を発表です。

もう一つの課題・・・それは400字詰め原稿用紙に、スケッチジャーナル学受講の感想と、自分のスケッチに関する考え方の変化、これからやって見たいことを描いてきてもらいました。挿絵付きで。これが感動の内容だったのです。

ー「心の中では本当はやりたかったことを、講義を通じて
   やることができた。全ては自分次第だとわかった。」
 ー「日常観察、情報の束ね方、道具を選ぶことがとても
   楽しくなった。」
 ー「スケッチジャーナル学で、自分の世界が広がった」
 ー「日常の切り取り方が楽しくなった」
 ー「先生を含め、参加メンバーが全員素敵だった」
 ー「絵を描くことが嫌ではなくなった」
 ー「どんなこともアドリブで楽しめば描くことのヒント
   になることがわかった」
 ー「即戦力になる考え方を学べた」
 ー「アナログ時間の愛おしさを知った」
 ー「ゲスト回もとても有意義で、個性の出し方を学べた」
 ー「マンスリー絵日記のおかげで継続できた」
 ー「中学以来、絵を描いていなかったのに完成できた」

全員がスケッチジャーナルを使った個性の磨き方について
気づき、実践することができました。

いやーそれにしても素晴らしい時間だったな。

ということで、なんと第2期も募集開始していただきました。

手帳やノートにスケッチを続けたい方、ぜひ!

スケッチジャーナル学(第2期)
https://freedom-univ.com/lecture/sketch_journal.html/

【自由大学での活動】
自由大学「スケッチジャーナル学」のページ
https://freedom-univ.com/lecture/sketch_journal.html/
ハヤテノコウジのプロフィール
https://freedom-univ.com/people/hayateno_kouji/

【ハヤテノコウジの活動】
活動やお仕事情報はこちら
お仕事のご依頼はこちらから。