(文房具店めぐり)インク 港北TOKYU S.C.店(横浜市)に行ってきた!

ink0913-00

「インク(ink)」といえば、静岡にある大型文房具店として有名ですが、こちらが横浜市にある港北TOKYU S.C.にオープンというニュースを知り、早速行ってきました。昨年の静岡旅行の際に、時間切れで訪問できなかったため、行ってみたいという思いが強かったのですね〜。オープン翌日だったせいか、家族連れでにぎわっていました。私は売り場を3周くらいして、久しぶりに文房具をいろいろと購入していい気分になりました。実用的な商品が無駄なくならんでいる感じで、それぞれのコーナーが充実。ペンのところでは、よく売り場にある試し書き用の長い紙はありません。そのかわり、店舗の端に試し書きコーナー(マルマンのオリジナルペーパー数種類に書けます)があって、そちらで全種類が試せるそうです。お子様向けの文房具コーナーはプチ迷路みたいになっていてとても楽しい空間でした。もちろん大人向けの万年筆やクリエイティブな文房具が並ぶコーナーもあります。飽きません!東京からわざわざ行ったかいがありましたです。

買ったものはこちらになります。

inkが入っている港北TOKYU SC(横浜市営地下鉄のセンター南駅下車)

inkが入っている港北TOKYU SC(横浜市営地下鉄のセンター南駅下車)

inkの港北SC店で買った文房具。puoに入れて持ち歩くための「消えいろPit」、消しゴムはんこアートに使う予定の「W AIR-IN」。白RODHIAは初めて購入。カラフルな輪ゴムはエトランジェのカードと組み合わせて作品に使おうかな。そして「COPIC ciao」を初導入。スケッチをざっくりとやるときに使います。

inkの港北SC店で買った文房具。puoに入れて持ち歩くための「消えいろPit」、消しゴムはんこアートに使う予定の「W AIR-IN」。白RODHIAは初めて購入。カラフルな輪ゴムはエトランジェのカードと組み合わせて作品に使おうかな。そして「COPIC ciao」を初導入。スケッチをざっくりとやるときに使います。

inkでアンケートに答えていただいたクリアファイル。

inkでアンケートに答えていただいたクリアファイル。

あと気になったのは、「神戸派計画」というところの、「recto」という方眼ノート。1 ~ 8mm方眼までが選べるのです。方眼マニアにはたまらないんじゃないかな〜。私はモレスキンやpuo用ルーズリーフのストックがまだあるので、買いませんでしたが、スクエアタイプのノートもあったしこのブランドも注目したいところです。このあと横浜の東急ハンズやエキュート品川のスミス、銀座の東急ハンズに行き、文房具充な土曜日となりました。

いやー文房具って本当に、いいですね。

(文・ハヤテノコウジ)