ひとこまスケッチエッセイ

絵心が芽生える、ひとこまのスケッチ。-ヒトコマスケッチ

絵心が芽を出す。ボクの目の前で、そんな嬉しい瞬間を得た人たちがいました。

ハヤテノコウジが2014年から実践する、マンスリーページにひとこまのスケッチを描く「マンスリー絵日記」。
実際にはひとこまの枠を上下左右に超えていきます。
ひとこまだからこそ、描くことができた。うれしい。
ひとこまスケッチを続けること、少しずつコンプレックスから離れていく。