街角をスケッチ散歩

街角をスケッチ散歩

街角を歩いて、これをスケッチしたい!と思う素材を集めてます。それをスケッチジャーナルにまとめるという活動を2010年くらいから続けています。どんな感じで変化してきたのかを見てみましょう。

スケッチ散歩の初期衝動が残る作品

2011年はスケッチ散歩の楽しさに目覚めて、同じ趣味の仲間と共に散歩してはスケッチを描いていました。この取り組みはモレスキンユーザーを紹介する本や雑誌で紹介されました。レイアウトとか色とか全く気にせずに、思いっきり描いている感じです。ポケットサイズのノートに描いていました。

銀座文具店編(まめさんぽ)2011年

銀座文具店編 2011年

やねせん散策編

やねせん散策編 2011年

雰囲気がシャープになった

2017年の街角スケッチ散歩は、ちょっとシャープな雰囲気になってきました。ラージサイズにしたので表現が広がってきた感じです。

スケッチジャーナル「麻布十番で坂めぐり」

スケッチジャーナル「麻布十番で坂めぐり」 2017年

スケッチ散歩の最大ネタは「美味しかった食べ物」

食べ物が最高のコンテンツであることは、間違いありません。

2013年当時はちょっとコミカルな作風でした。

グルメスケッチ お台場オクトーバーフェスト 2013年

グルメスケッチ お台場オクトーバーフェスト 2013年

戸越銀座イベント

戸越銀座イベントのイベントに参加した時のグルメスケッチ 2013年

そして2017年になると、ユルさは残しつつシンプルになってきました。
トラベラーズノートに描いているため縦長になってます。

d47食堂で食べた「長崎定食 松浦港のアジフライ」

d47食堂で食べた「長崎定食 松浦港のアジフライ」 2017年

街角を2時間くらい散歩すると、ノート見開きにコンパクトに集約していくのがとても楽しいです。

みなさんもぜひチャレンジしてみてくださいね。

(文・絵:ハヤテノコウジ)