スケッチジャーナルの作り方

スケッチジャーナルの作り方

ボクは日常の暮らしや旅の思い出をノートに記録しています。このスタイルを「スケッチジャーナル」と呼んでいます。今回はスケッチジャーナルの作り方について紹介します。

スケッチジャーナルのテーマ

【作り方その1:テーマを選ぶ】

遊びではありますが、スケッチジャーナルを作る目的とテーマを決めると良いです。

モチベーションが続くからです。

スケッチジャーナルのテーマ

テーマはたっぷりあります。例えば上の画像のような切り口はいかがでしょうか?

もしあなたがすでに趣味があるなら、それをテーマにして作っても良いでしょう。

スケッチジャーナルのフォーマット

【作り方その2:フォーマットを選ぶ】

スケッチジャーナルはノートか手帳を中心に作ります。

スケッチジャーナルのフォーマット

フリーノートは自由なレイアウトで作りたい人に向いています。

マンスリーは1日1コマの絵を楽しみたい人、ウィークリーは予定と一緒に出来事もスケッチしたい人、デイリーは1日ごとにじっくりとネタを入れたい人に向いています。

フォーマットは何にしましょうか?

自分が使ってみたいフォーマットを選んでください。

なんか合わないな、別の方がいいなと思ったら中止してもOK。

「せっかく買ったから。もったいないから、これを使い続ける」はNGです。

使っていて気分が良くなるフォーマットを見つけましょう。

スタイル別スケッチジャーナル

【作り方その3:スタイルを選ぶ】

フォーマットが決まったら、次はスタイルです。

そうです、スタイルは1つじゃないのです。オリジナルを考え出すのは難しいけれど、だいたい次のようなやり方から選ぶと良いでしょう。

スケッチ散歩のスタイル

どのスタイルでも、こだわり度と難易度に違いがあります。

貼るのが得意ならば、それを極めるのもアリ。
いろんな紙資料を手に入れたり自分で印刷してスケッチジャーナルにどんどん貼っていく。ジャーナルが分厚くなっていくとうれしい!

切り取るのが得意ならば、モチーフを切り抜いて、コラージュしてみる。ファッション誌からモデルや欲しいグッズを切り抜いて、欲しいアイテムとして貼る人もいます。

食べたグルメやペットをスケッチしたり、そこに文字を加えてみたりする、楽しいですよね!

もしあなたが写真好きなら、写真をレーザープリンターで印刷して、スケッチジャーナルにまとめてみてください。

フォトアルバムとは違ったコレクションができますよ。

これらのスタイルを総合的にやったり、組み合わせたりして自分の好みを見つけましょう。

それでは作成例を紹介しますね。

(貼る)使用済み切手などでコラージュ
コラージュ作品(チェコ、デンマーク、アメリカ)
雑貨店で買った紙雑貨を使う例。ヨーロッパの使用済切手やアメリカのチケットなどを思うままにコラージュしました。(モレスキンのスケッチブック)

(貼る)旅行写真をスケッチジャーナルに整理
モレスキンのヴォヤジュールのストックホルム写真。7月の北欧旅行の写真をコラージュしたページ。 左上:北欧で買ったお土産たち/右上:ストックホルムのスカンセン野外博物館で見た動物たち/ストックホルムの街並、トラムなど。
夏の北欧旅行の写真をコラージュしたページ。 左上:北欧で買ったお土産たち/右上:ストックホルムのスカンセン野外博物館で見た動物たち/ストックホルムの街並、トラムなど。(モレスキンのヴォヤジュール)

(切る)アジサイ写真を切り抜き
スケッチジャーナルの中身:切り抜き(鎌倉):トラベラーズノートブックリフィル(SHORT TRIP)
6月の鎌倉で撮影したアジサイを切り抜いてノートの裏表紙に貼りました。これだけで季節性が出ます。(トラベラーズノートリフィル)

(切る)チーズケーキを切り抜き
スケッチジャーナルの中身:グルメ散歩(鎌倉):トラベラーズノートブックリフィル(SHORT TRIP)
鎌倉のお気に入りカフェのチーズケーキをお皿ごと切り抜いて、ノートの中央部に貼りました。写真なのに絵のような動きが出ますね。(トラベラーズノートリフィル)

フリースタイルのスケッチジャーナル

フリーノートを使ったスケッチジャーナルの例です。

型紙を自分で作って、レイアウトを考えるという方法を取っています。

フリースタイルのスケッチジャーナル。雑誌のミニコーナー風に。
フリースタイルのスケッチジャーナル

ポール・スミス展のレビュー。
モレスキン絵日記 ポール・スミス展

四角い枠を配置して楽しい記憶をコラージュ。
オイシイ記憶をおすそわけ 2016/06/26

月間ダイアリーのスケッチジャーナル

1日1ネタを、フリクションボールペンでスケッチした例。

週間ダイアリーのスケッチジャーナル

その週の出来事をアイコンのようなスケッチで記録した例。
週間ダイアリー(バーティカルタイプ)

デイリーダイアリーのスケッチジャーナル

その日にもっとも心を動かされたネタを描きます。ボクはどうしても食べ物になってしまいます(笑)
デイリーダイアリー

いかがでしたか?

テーマとフォーマットとスタイルを決めるだけで、スケッチジャーナルを始めることができます。

あなたのワクワクや気分の良いこと、楽しかったことが詰まったスケッチジャーナルは、出来上がったあとは何度も眺めてください。

そしてこれからの夢を想像してください。いい気分はいいことを引き寄せます。

あなたもぜひスケッチジャーナルを作ってみてくださいね。

(文・絵:ハヤテノコウジ)