(作品)スペイン料理のタパスっぽい絵を描いてみた

スペインのタパス料理をイメージにしたイラスト。丸形の型紙を使ってパターンを展開した。スペインのタパス料理をイメージにしたイラスト。丸形の型紙を使ってパターンを展開した。

いろいろな食べ物の絵を描いてきていますが、いちばん楽しかったのが旧友たちと食べた、スペイン料理の絵日記を描いたときでした。その絵を見た方から、新オープンのスペインバルのメニューイラスト依頼(実際は実現せず)が入ったりするくらいなので、ハヤテノコウジの絵の雰囲気にあっていると言ってもよいでしょう。

スペイン料理はいろいろありますが、その中でも小皿料理である「タパス」、これを描くのが楽しいです。小さなパーツを紙いっぱいに配置する、あるいは絶妙なバランスで並べる、といったことが好きなので、まさにハヤテノテイストにぴったりというわけです。

しかしながら、まだスペイン料理をそれほど食べたことがありません。

絶対にバルセロナに行って食べるぞ、フードイラストを現地で描くぞ、という具体的な目標はありますが、とりいそぎモレスキンのスケッチアルバムに描いてみました、という記事です。つづきをどうぞ。

画材情報:
線→ピグメントライナー(ステッドラー)0.4,0.5
色→スタビロ(Pen48、色鉛筆),リキテックス(マーカー)

ということで、フードイラストを使ったメニュー用のイラスト、制作いたします。スペインバルをオープン予定の方、あるいはイラストメニューをご検討の方、ご連絡お待ちしております。

(文・絵:ハヤテノコウジ)