フリーパーツケース

(着想)大量の色鉛筆・マーカー・ペンを「フリーパーツケース」で整理

絵を描く趣味を持つと、たくさんの画材が揃ってきます。これはとても楽しいことですが、整理整頓が悩みという方も多いでしょう。主にマーカーと色鉛筆を使う画法の私もその1人。マーカーと色鉛筆は色のタイプ別(暖色系・寒色系)に整頓したいので、自分で厚紙を使ってペンケースを作っていました。

ノートを整理するファイルボックスを調達するために、東急ハンズ池袋店へ。目的のフロアの前に4Fの「DIYツール&マテリアル」フロアに立ち寄りました。ツールボックスはいろんな種類があるなと思って眺めていたところ、ペン類の整理にぴったりな商品を発見。商品名は「フリーパーツケース FC-20D」。この商品には仕切り用パーツがたくさん付属しています。私が保有するペン類の長さにも合いそうなので、まずは3つ購入することにしました。

東急ハンズで見つけた「フリーパーツケース」で整理

帰宅後すぐに、ペンや色鉛筆の高さに仕切りパーツを合わせます。大量の道具たちがきれいに整理されていきました。残った部分には鉛筆削りやマステ(マークス社のmasteがぴったり)、消しゴムなどの小物類を入れました。フタが「カチッ」とロックされますので、収納後に立てたり横にしたりしても、仕分けが崩れることがありません。ああ感動の年末。ノートブッカーズや手帳スケッチ愛好家の皆様に、ぜひオススメしたい道具でございます!

(文・写真:ハヤテノコウジ)