(作品紹介)香ばしい釜飯を待つ間のおいしい時間。

どんなに忙しくても仕事が頭から離れなくても、おいしいものを食べているときはフシギとそれがなくなる。グルメのおかげで暮らしている、そんなことを思うことがあります。

釜飯、ゼロから炊くわけなので、最低でも30分は待つことになります。まして混んでいるときなんてもっと待つ。でも店員さんや料理人さんたちの「いかに効率よく丁寧に提供するか」を眺めていると、待つのもいいなぁと思います。まあ待っている間、焼き鳥とかサラダとかビールで楽しんでいるわけです。銀座の鳥ぎん、ニュー鳥ぎん、銀座のランチやディナーにオススメです。家族とか古くからのお友達、と来ているような客層で、銀座だけど地元感覚な雰囲気があるのに、銀座に遊びに来た海外からの旅行者もいたりします。なかなか面白い風景が観察できるのも面白いです。上京してから、東京にいる年数の方が多くなってしまいましたが、いまでも観光客の気分で東京時間を過ごすのは、とても幸せなことだなぁと思っています。

(絵・文:ハヤテノコウジ)